ヒアルロン酸注入で簡単整形~ダウンタイムの無い施術法~

切らない整形治療

鏡を持つ女の人

再生力を生かします

肌のたるみを改善するために、これまではメスによる皮膚の切開などが必要とされていました。筋膜から組織を引き上げてたるみを解消するのが、治療の基本だったと言えます。現在は、より負担の少ない方法で肌のたるみが治療出来ます。美容クリニックでは、近頃糸を用いて肌のたるみを解消する試みがされている状況です。肌組織は、何らかの刺激を受けると自ら再生しようと活性化し始めます。こういったメカニズムを促してくれる素材が、例えば金です。実際、様々な美容クリニックでは金の糸を肌に埋め込み、たるみを解消する治療を設けます。ラジオ波などの高周波を組織にあてて再生を促す方法も、人気の治療です。これからのたるみ治療では、肌の再生力が重視されていくと予想されます。

適度なストレスが効きます

たるみが生じている肌は、概して内部の組織にも衰えが見られます。弾力繊維や栄養分を運ぶ血管の密度が荒くなり、組織が貧弱になることがたるみの一因です。このような状態の所に糸やラジオ波などを用いてストレスをかけると、組織は一気に修復活動に乗り出します。新たに弾力繊維や血管が再生し、組織の密度が充実してくるのが一般的です。敢えてストレスをかけて再生力を引き出すアプローチは、最近の美容医療では特に増えています。本来の肌の力を利用するため、体に負担を与えることが少ないのが大きな利点です。若返り法の一つとしてもこの手の治療は盛んに行われており、しわやしみの解消にも期待がもたれます。血流改善や代謝のアップも可能です。